心理学の中で信頼を築く事=ラポール。その方法で大切なペーシングとミラーリングについてお伝えします。

ラポールは相手のペースに合わせる事で築き・維持できます

相手のペースに合わせることでラポールを築き、維持することを狙います。を
基本的には、呼吸のスピードや深さを合わせたり、声の大きさや話すスピードを合わせます。
広く解釈すれば、相手の信念や価値観、そこからでる言葉の使い方・声のトーンなどあわせることもペーシングと言う場合があります。

コミュニケーションで相手にペースを合わせる

この方法をペーシングと呼びます。コミュニケーションセミナーでは、
基本のスキルやテクニックとして紹介されている内容です。もともとは、
NLPという心理学から出ています。では、ペーシングについてお話していきます。

ペーシングとは、相手に合わせながら、無意識レベルでラポールを
築くために行なうスキルです。

コミュニケーションが下手でとお悩みの方は、この基本のペーシングを

コミュニケーションを取るのが苦手を言う方は、実践してみて下さい。

比べ物にならないほど、コミュニケーションが取りやすくなります。

ただ、比べると大きく変わりますが、その変化は徐々に作っていくものです。
では、やり方をご紹介していきます。

・相手の話し方に合わせる

・相手の調子に合わせる

実際にはどういうことでしょうか・・・
下記の例を見て想像してください。

・相手がゆっくりと話しているとき⇒ゆっくり話す
・相手が早口の場合⇒早口まで行かなくても、少し早めに話してみる

・相手の声が大きい時⇒こちらもある程度大きな声にする
・聞こえるか聞こえないくらいの声の時⇒こちらも落ち着いた声にする

つまり、
話のスピード、リズム、間に合わせつつ、
声の大きさ、抑揚、肯定などに合わせます。

すると不思議なもので、相手も自分もコミュニケーションが取りやすくなります。
仲のいい女の子同士が何だか似ていたり、リズムがぴったりと合っていたりするのは、
無意識にペースがあっているからです。

逆に言うと、ペースを合わせることで、心理的な距離が自然と近くなっていきます。
それは、不要な警戒心や壁がなくなるからです。

こうなれば、後はどんどんラポールを深めていくばかりです。

ペーシングの注意点は、無理をしないことです。

もともと声の小さい人が、
ものすごい元気な人に合わせようとしても辛くなります。

大切なのは波長を合わせることです。
つまり、できるだけ無理のない程度に合わせていく。
あとは、実践の中で工夫が生まれてきます。

このようなコミュニケーションの基本を学べるセミナーは
目に見えない、非常に多くものをプラスに変えていきます。

 

ミラーリングって?何となく相手と同じような姿勢や仕草を…

鏡に映るように、相手と同じような姿勢、仕草、言葉使いなどを合わせます。
あまり露骨にせず、なんとなくあわせていくとよいでしょう。
または、「相手のことが好き!気が合うなー」と言い続けていくと不思議なことに
自然と気が合う同士のように姿勢やしぐさが合ってくることもあります。
相手の無意識に一体感を感じさせる
これが一番のポイントとなることです。
おすすめの記事