日本人は「はい」
アメリカ人は「Yes」
と国によって言い方は変われども共通していえることがあります。

ラポールの構築には、返事は「ハイ」

自分が何か相手に伝えた時に「ハイ、分かりました」と返事が返ってくると、「分かってくれた」という安心感と、その人への信頼が少しずつ深まっていくものです。

私は、仕事上お年寄りと接しているので、「ハイ!」だけでなく その後に一言添えるようにしています。気持ちいい返事は、何も仕事上のことだけではありません。

日常の人間関係を良好なものにしたければ、気を付けると良いですね。
返事の「ハイ」は「拝」ともいい、「拝」は、おがむとも読みます。
また、おじぎをして敬意を表す・・という意味もあります。

自分が相手に対して「ハイ」と返事をする時は、
相手に対してお辞儀をして敬意を表していることにもなるのです。

立場が変われば、自分に敬意を払ってくれる人を悪く思うはずがありません。
従って古来目上の人に対しての返事は「ハイ」と元気に明るく言えるように教育されてきたのです。

コロン
なんか日本人っていいですね…普段自然にやっている事でも意味を知ると言葉を大事にする気持ちが深まりますね

この返事を男女間でも気にして使用してみて下さい。
相手の自分に対する評価は、変化してくるでしょう…

男性が女性に対し年齢差など関係なく、
何か返事をする時は「ハイ」「ハイ分かりました」+笑顔
意識して使用してみて下さい。
そうすると「○○さんは何て誠意のある人かしら・・」と思います。
誠意のある人=信頼(ラポール)です。

もちろん、女性が男性に対して「ハイ」という返事を使用していると、
絶対に可愛いと思ってくれモテることは
間違いがありません。
女性が自分を可愛く魅せる最も簡単で強力な武器でもあるのです。

相手に「ハイ」と回答しやすい質問を…

今まで自分が「ハイ」と答えることに触れてきましたが、今度は相手が必ず「はい(YES)」と回答する質問をします。

返事が「はい」となるような質問を何度も繰り返すことで
相手が「はい」と答えやすい心理状態に導くことが狙いです。
これをYESセットといいます。
会話の冒頭で、Yesセットを入れることで話し合いがスムーズに進みやすくなることがあります。

コロン
何気なく使っている「ハイ」ですが、深いですね~。
私も何気なく使っていましたが、この効果を知ってから
気にして使っています。
人は2週間続けると自分のモノになるので、習慣化して自然に使えるように2週間意識しましょう
おすすめの記事