心理学の中で人間関係を構築するのに大切なラポールを構築していく方法として

・バックトラッキングについてお伝えします。

聞き上手になる方法で親密感をもたれる

ラポールを形成したい時に使う「会話している時の聴き手がする」反応で
基本的には、相手の話をそのまま返します。
相手が話す言葉をそのまま返したり、要約して返すのが”バックトラッキング”です。この際注意しなければならないのが、特に相手が使っている感覚を意識して同じ感覚の言葉で返すことです。
 
返し方として、例は以下のようなものです。
・相手の言葉をそのまま返す(オウム返しのように返す)
・話が長い場合は要約して返す(話の要約)
・相手の感情を汲み取って返す(相手の感情)

ミラーリングや、

同様、相手と同調し、

一体感を持ってもらうことが目的です。
また、バックトラックを行う効果として、
相手は自分の話をよく聞いてくれて、
理解を示してくれ、
受け入れられているという感覚を持ちます。
相手の言葉を繰り返すことによって、相手の無意識は、
あなたに親密感を持ってもらうことを狙います。

ママ
これは、人間関係において大切な事なので、仕事・恋愛すべてにおいて使えますね
 

ペーシング・ミラーリングを基本に
相手を観察することが信頼関係に

ペーシング・ミラーリング していく為には、
相手を見ること、相手の話を聞くことが重要です。
身体の姿勢・ジェスチャー、眼球の動き、呼吸パターン、表情、
声のトーン、声のリズム・テンポなどの変化を観察してラポール形成に活用します。
おすすめの記事