借り入れ希望額で審査も左右される

金融会社などにローンの申し込みをする際は、審査をクリアしなければ融資は受けられません。借り入れ希望額が大きすぎたり、手頃な金額だったりすることでも、審査の結果が左右されることがあります。

ローン会社が行う審査を突破することができなければ、融資を断られてしまい、お金の借り入れができません。どのくらいの融資を求めるかでも左右されますが、審査をクリアする割合は8割くらいです。 会社によっては、30%くらいの人しか審査には通さないこともあります。 その一方で、90%以上が審査をクリアするという緩いところもあります。 金融会社によって審査を突破する確率が異なるのは、大量に新しい顧客を得たいと思っている金融会社ほど、審査基準が甘くなりがちなためです。

キャンペーン中は審査のハードルが低くなる傾向に

特に、キャンペーン期間中は一人でも多くの利用者を求めているというところも多く、審査のハードルも低くなる傾向にあるといわれています。 以前は、正規雇用のサラリーマンでなければ融資の利用は困難でしたが、最近ではアルバイトやパートなどの非正規雇用者も審査には通っています。 新しい客を増やしことには関心がないという金融会社の場合、審査のハードルを高くして、信頼の高い客だけに融資をいます。

借入希望額が少なければローンはクリアしやすい?

借入希望額が少なければローンはクリアしやすくなりますので、どうしても要りたい金額が決まっている人は、正直に話しておくといいでしょう。 金融会社がお金を貸しづらい相手は、身の丈に合わない高額の融資を求めて、返済が滞るという事例についてです。事前に、シミュレーションサイトなどで返済までのビジョンをつくっておいて、確実に返済できる体制を整えておきましょう。 注意点:一度に複数社の申し込みをすると、申し込みをした情報も、情報センターに登録され一定の期間、反映されてきますので、一度に複数のローンの申し込みは避けて下さい。問い合わせ件数が多い(=申し込み件数が多い)と審査が通りにくくなる場合があります。  
おすすめの記事